asago navi

 

史跡・生野銀山

大同2年(807年)に開坑されたと伝えられる生野銀山は、織田・豊臣・徳川の直轄鉱山として栄えてきましたが、明治から昭和48年(1973年)の閉山までは、国内の銅や亜鉛等の主力産地として日本の近代産業を支えてきました。現在は観光坑道として開放され、生々しいノミ跡の残る岩肌や複雑に入り組んだ坑道を見学することができます。

開館時間

4月~10月 9:00~17:30 
11月 9:00~17:00 
12月~2月 9:30~16:30 
3月 9:30~17:00
※受付終了は閉館40分前まで

休館日

12月~2月の3カ月間のみ毎週火曜日(祝は翌日)、12/29-1/2

電話番号

079-679-2010

入館料

大人900円、中高生600円、小学生400円、小学生未満無料、生野銀山文化ミュージアムは一律100円、案内ガイド(無料)は要事前予約で15名以上の団体に限ります。

駐車場

バス10台、普通車210台